すぐにできる対策

頭髪

AGAの悩みをすぐに解決できる増毛と植毛

AGAは男性ホルモンの過剰分泌を抑制することで徐々に改善していきますが、すぐに解決したいというときには外科的治療の増毛や植毛という方法があります。増毛はサロンやクリニック、植毛は医師免許を持っているクリニックでしか受けることができませんが、いずれも一回の施術で劇的な変化が望めますので、とりあえず周囲の視線が気になるという人は試してみるとよいでしょう。定期的なメンテナンスを怠らなければ、長くフサフサの髪の毛を維持できます。

増毛と植毛の違いはなにか?

意外と知られていませんが、増毛と植毛は施術の内容が全く異なります。増毛は自分の髪の毛に人工毛をプラスしてボリュームを出す方法で、様々な増やし方があります。一方、植毛は自分の髪の毛や人工毛を頭皮に埋め込む外科的手術ですので、医師にしか行えませんし術後しばらくは生活に制限があります。どちらも薬の処方やヘアケアといった治療に比べるとかなり高額で、定期的にメンテナンスも受けなければなりませんが、短時間の施術を受けるだけで目を見張るほどの効果が得られ、かつらのようにずれたり取れたりしないことから、多くの人が利用しています。

増毛なら即効性がある結毛(マープ)法

増毛には接着方式や編み込み式などの方法もありますが、即効性がある結毛(マープ)法が人気です。これは自分の髪の毛1本ごとに、人工毛を数本ずつ結び付けていく方法で、自分の髪の毛がある程度生えている部分であれば、自由に好きなだけボリュームを出すことができます。本数が少なければ短時間で増毛できますし、頭皮に傷をつけたり特殊な薬剤を使ったりするわけではないため、体への負担も少ないです。ただし、髪の毛には増毛の分だけ重さがかかります。

植毛なら自然に仕上がる自毛植毛

植毛は人工毛を埋める方法もありますが、自毛がある程度残っているのなら自然に仕上がる自毛植毛がお勧めです。採取部分からグラフトを取り出し、株分けして薄くなっているところに埋めていく手術ですが、うまく定着すれば自分の髪の毛として伸ばすことができます。抜けにくい部分の髪を移動させるため、再び抜ける可能性も低いです。人工毛と違って髪の毛に違和感がありませんし、アレルギー反応を起こす心配もありません。ただし、グラフトを採取する部分も炎症しないように注意が必要ですし、生えている分しか薄毛対策に使えないという問題があります。

増毛と植毛後はメンテナンスが必須

増毛や植毛をした後は、定期的に治療を受けたところに通ってメンテナンスを受ける必要があります。増毛の場合には人工毛が自然に外れて元に戻ることもあれば、自毛が伸びたり抜けたりして人工毛を維持できないこともあります。また、人工毛植毛も自然に抜けることがあるため、適宜植毛しなおす必要がありますし、自毛の場合でも定着しなければ再び手術をしなければなりません。逆に言えば、定期的にチェックしてもらえるため、薄毛が目立つ前に対処できます。

広告募集中